메뉴 바로가기 본문 바로가기

WISS WareValleyセキュリティ統合ソリューション

セキュリティソリューションの有機的結合により実効的かつ統合的な情報のセキュリティを装備してください。

情報セキュリティソリューションの開発に注力したウェアバレーはこれまで「暗号化」、「アクセス制御」、「監査」、「脆弱性の検出」、「個人情報資産管理」、「データベース作業決裁」ソリューションを開発し、顧客の要求が何かを考えながら顧客と共に成長しています。WISS(WareValley Information Security Suite)はこのようなウェアバレー情報セキュリティソリューションの統合オペレーティングプラットフォームとして、各ソリューションを有機的に結合させ、統一された個人情報のセキュリティと情報保護活動のライフサイクル管理をサポートします。On-Premiseとクラウドを網羅するWISSで業務効率を高めてはいかがでしょうか。

WISS紹介

「セキュリティソリューションの有機的な結合、実効的で統一された情報セキュリティをサポート」

通常の情報セキュリティ活動のライフサイクルとは、探索、分類、政策の策定、監査、評価というプロセスを繰り返すことです。そして各段階で必要なセキュリティソリューションは、異なるベンダー製品により構成されているのが一般的な市場での現状です。管理者は使用製品を理解し運用するためにそれぞれのインターフェースを使用する必要があります。しかしウェアバレーのWISSはこれら各段階別の製品を統合させ、ひとつインターフェースとして提供します。通常アクセス制御、暗号化、個人情報の管理、作業決裁、サーバーセキュリティがそれぞれ異なって区分されていた情報セキュリティソリューションを統合し、ひとつにしたものがWISSです。

このような統合は期待以上の相乗効果を提供します。まずアクセス制御、暗号化、個人情報管理、作業決裁、サーバーセキュリティなどの製品それぞれが所有する一連の政策情報が統合されます。例を挙げると、DBアクセス制御とサーバーセキュリティのユーザー管理と認証システムが統一されます。またターゲットデータベース、サーバ、ファイルなどの内部資産の全てが統一されたセキュリティにより管理されます。また、各ソリューションでの成果物が互いに有機的に連動されます。

個人情報を定期的に検出し、その情報をデータベースへのアクセス制御ソリューションの制御対象として自動的に適用し、暗号化対象として推薦する情報保護の業務フローが可能です。定期的に個人情報の位置と数、これらへのアクセスをブロックする政策、または暗号化を適用するかどうかを単一報告書で確認できます。

  1. 検出
  2. 制御
  3. パスワード
  4. 管理

また管理者の個人情報履歴、アクセス制御、暗号化履歴が全て一つのリポジトリに統合して保存されるのため、運用、監査履歴管理が簡単で複合的な分析が可能です。
WISSは進化し続けるセキュリティ市場のニーズに最も実効的に応えられます。各業種ごとに特化されたIT法規に合ったタイプ別パッケージを選択できるようオプションライセンスシステムが実装されており、すでに構築されている他のソリューションとの統合負担を軽減させるためのサービス型ソフトウェア方式(SaaS)を支援します。現場のイシューについて常に共に考え、合理的かつ高度情報保護を目指してきたウェアバレーのこれまでのチャレンジがWISSという形に集約されたといえます。