메뉴 바로가기 본문 바로가기
Parrot 負荷のないリアルタイム複製/同期化システム
負荷のないリアルタイム複製/同期化システム

Parrotは、幾何級数的に増えるデータ時代において、データベースシステムに負荷を与えることなくデータの正確な分析・管理のために既存のオペレーティングデータの複製とリアルタイムデータを同期化するシステムです。現存するLogベースのCDC(Changed Data Capture)Agent方式では同期化の遅延や負荷が発生するなど構造的な問題がイシューとなっており、これを解決するためにNetwork区間でのDBMSのデータ入出力を分析し元のDBで実行されるデータの変更を抽出、これを対象DBに適用することにより無負荷-リアルタイムでのデータ複製と同期化機能を実装しました。

  • リアルタイムでの
    データ複製
  • 異機種DBMS間の
    データ複製
  • PARROT
  • Agent-less
    無負荷
  • クラウド-仮想化
    環境に対応
リアルタイムでのデータ複製
  • 既存のLogベースのデータの同期化方式(CDC)からの脱皮
  • トランザクションLogが存在しないDBMSも複製可能
  • Networkストリームを利用したデータの同期化方式を実装することによりリアルタイムでのデータ複製が可能
異種DBMS間のデータ複製
  • 様々なDBMSをサポート

    Oracle, Microsoft SQL Server, IBM DB2, Sybase IQ, Sybase ASE, Mysql, MariaDB, PostgreSQL, Amazon Aurora, Amazon Redshift, Altibase, Tibero, Cubrid

  • 異種DBMS間のデータ複製が可能
Agent-less/無負荷
  • 原本DBにアプリケーションをインストールしないAgent-lessソリューション
  • 原本DBの性能低下や負荷がほとんどな、データの同期化と複製が可能
クラウド・仮想環境に対応
  • 物理的な環境、仮想環境(Vmware)、クラウド(AWS)環境に対応
  • DBMSサーバのOSに依存せずにデータの複製が可能

Parrot vs CDC

Parrot vs CDC
Parrot CDC
Network Packetの分析
ソースDBMSの無負荷
様々な異種DBMS複製が簡単である
DBMS Transaction LogなしにDBMSの複製が可能
Agent-less 方式
DBMS Transaction Log
ソースDBMS負荷の最小化
保存方法に違いがある異種DBMS間での同期化は不適合
Agent 方式
Parrot
Parrot
Network Packetの分析
ソースDBMSの無負荷
様々な異種DBMS複製が簡単である
DBMS Transaction LogなしにDBMSの複製が可能
Agent-less 方式
CDC
CDC
DBMS Transaction Log
ソースDBMS負荷の最小化
保存方法に違いがある異種DBMS間での同期化は不適合
Agent 方式